2005年夏オーストラリア技術独立ビザを取得して、10月に渡豪、シドニーで新しい生活始めた夫婦の話しです。


by kuma_buffalo

車の保険

この間、車の保険に加入しました。オーストラリアではあまり車種で保険が変わらない気がします(たぶんです)。NRMAのComprehensiveに加入したのですが、$700/年でした。一応無事故無違反証明書を持っていったのですが、必要なかったです。NRMAでは日本のレコードを照会できるらしく、無事故ですと伝えたら、すぐ65%のdiscountになりました。$700が安いか高いかは良く分かりません。AAMIのネット見積もりをした時は$800だったので、たぶん妥当な気がします。

夫の方は$500の免責(Excess?)で、妻(ドライバー暦1年以上2年未満)で$900だそうです。ドライバーの年齢でも変わるので、ネットで事前に見積もることをお勧めします。

車の購入時にCTPに加入($350程度)したので、年間保険料は$1,000ドル程度になりそうです。

来年はもうちょっと勉強して、費用を安くしたいです...
[PR]
# by kuma_buffalo | 2005-11-17 20:43 | 移住直後の生活

荷物の受け取り&まとめ

火曜日にやっと荷物の引き取りを完了しました。やはり最後までスムーズに行かなかったです。金曜日に業者からOutturn RepotというものをeMailで受け取りました。読んでみると、荷物は月曜から水曜日の間に引き取れば余計な費用はかからないとのことでした。もちろん土日の引き取りは出来ないので、月曜日の早朝に行くことにしました。

月曜日

朝6時半に車で出発し、シドニー国際空港にある税関に向かいました。7時半頃に着きましたが、税関は8時半に開くため、チケットを取り1時間程度車で待ってました。A001のチケットのため、8時半になるとすぐ呼ばれました。税関の係員に書類を提出すると、その係員は税関のコンピューターに照会をかけました。すると「この情報ではこのコンピューターで照会できない。たぶんこの業者が間違った番号で入力したか、この番号がおかしい。この業者に電話をして確認をしてくれ」と言われました。やはり順調には行きませんでした。

仕方ないので、電話をして状況を説明しました。受付では埒があかないので、担当者を出してもらうことにしました。すると電話を転送中に電話が切れてしまいました...電話より行った方が早いと思い、業者のところに行くことにしました。20分程度で着き、確認してもらうと受け取った書類の番号(Ocean Bill of Landing)が違うとのことでした。その書類を訂正してもらい、また空港に向かいました。

この日は税関にあまり人がいなかったので、またすぐ呼ばれました。最初の係員とは違う方が応対したので説明をしていると、最初の係員が丁度良く現れ、仕事を引き継いでくれました。すぐに承認してくれ、こんどは検疫をしてくれと言われました。今度はちがうチケットを機械から取り、待合室で待ちました。すぐ呼ばれ、書類を提出しました。それなりに細かく荷物明細を書いたので、ちょっとした質問のみで承認してくれました。変圧器のみ一年以内に購入したと申請しましたが、とくに何も言われず承認されました。

ハンコが押された書類を持ってまた港に向かいました。向かった場所はPort BotanyのFreiendship RD.にある施設です。私たちの荷物を扱った輸送業者と倉庫(保管)業者は同じ施設内にあります。FriendShip RDに入る時に「Authorized Personnelのみ...罰金...」と書かれてますが、何度も来ているので無視して入っていきます。その施設に入る前にゲートがあり、係員がゲートの開閉をしています。今回は「Pickup」と伝え、免許書を渡し、蛍光色のベストを受け取り施設内に入っていきます。(最初に来る人は、書類を記入し、名詞みたいなものをもらう必要があります)。

こんどはP.O.と呼ばれる所に行ったのですが、また問題発生です。輸送業者の受付嬢に「6番倉庫に荷物があるからそこに行け」と言われてたので、6番の前に車を止めたら、フォークリフトの運転手から「出てけ!」と怒られました。妻がどこに車を止めていいか運転手に聞きに行き、P.O.の事務所の前に止めなくては行けないと判明しました。事務所の前に止め、倉庫内をうろうろしていると、違う運転手からまた「出てけ!」といわれました。事情を話すと、「事務所にまず行け!」と言われました。

事務所に行き事情を話すと、ここで受付をして、書類をもらい、倉庫の前に車を止めると判明しました。やっとPickup方法が分かりはじめ、今日荷物の半分を受け取り、明日半分受け取りたいと伝え、手続きが完了しました。ただ受け付けには1時間以上かかりました。倉庫でも検疫が必要らしいのですが、検疫が完了していなく、検疫終わるまで待ってくれとの事でした。検疫を完了し、女性係員がコンピューターに登録しているとき「検疫に1時間もかけてる...」みたいなことを記入していました。どうも受付の女性と検疫官の仲が悪いようです...2枚の紙を用意してくれ、今日1枚あげるからこれをフォークリフトの運転手に渡して、もう一枚は明日着たら渡してくれると教えてくれました。やさしい受付の人で助かりました。

で、車をまた6番倉庫に駐車させると、また怒られました。結局分かったことは、駐車できるのは1番から3番の前のみで、1番近くの待合場所?(サイン等は全く無い)で書類をフォークリフトを運転している人に渡すと、荷物を車まで持ってきてくれるとのことでした。これが分からずなんども怒られ、いいかげんうんざりしてました。

ダンボール20個弱をなんとか車に詰め込んで、やっと出発できました。積めなかった荷物は元いた場所に戻してもらいました。

家に戻り、開封し、荷物の整理を始めました。夜寝たのは12時近くになってしまいました...

火曜日

やり方がわかったので、2日目はそれなりにスムーズでした。ただフォークリフトの運転手に紙を渡したら、荷物の一部しか持って来ませんでした。「これがすべてだ」といわれましたが、「いや、もっとあるはずだから確認してくれ!」と言って、確認に行ってもらいました。そしたら同じ場所から荷物を持ってきました。何を基準に「これがすべてだ」と言ったのか全く理解できなかったです。また家に戻り、片付けを始めました。片付けは火曜日では終わらず、木曜日にやっとある程度片付きました。こんなに荷物を持ってこなければ良かった...

学んだ事

日通等のフルサービス業者を使った方が良かったと思われます。特に私たちの場合、荷物が2.6立法メートル程度と少ないので、荷物を減らし日通に頼んだ方が結局は安い気がします。何度も港や空港やらに行ったり、荷物を受け取りに行ったりと、時間と費用は結構かかりました。荷物が多い場合はPort-to-Portの方がかなり安いと思いますが、私たちの場合はあまりメリットが無かった気がします。特にうちは行き当たりばったりでやったため、トラブルの連続でした...これでやっと落ち着けます(まだ片付け完了してませんが)...
[PR]
# by kuma_buffalo | 2005-11-17 18:47 | 移住直後の生活

船便の荷物

日本から船便で送った荷物を受け取ることがまだできなくて困ってます。

先週から何度もこちらの業者に問い合わせしています。先週の金曜日シドニー港に船は到着したのですが、コンテナーを開けるのは今週いずれかになるそうです。確認後連絡するので、連絡があった後にシドニー空港でcustom clearanceを済まし、荷物を受け取りに来てと言われました。なので、今週の月曜日からずっと家で待機してます。先週は、portや空港までも行って来たし、ひたすら連絡を待つしかないので、とてもいらつきます。

今でも生活するにはそれほど困ってはいないですが、早く自分の荷物が届かないと落ち着かないし、これからの予定もたてないので…。今週内には、荷物を受け取ることが出来るでしょうか。

9月27日に日本で業者に荷物を渡してから、すでに6週間です。日本の港を出たのが10月13日みたいです。港をでてからは、まだ1ヶ月程度ですが...予想よりかなりかかってます。
[PR]
# by kuma_buffalo | 2005-11-09 12:34 | 移住直後の生活
オーストラリアの人は親切で優しいと感じてます。私たちの分かりにくい英語を一生懸命聞いてくれて感謝しています。アメリカでは「何言ってるかわからん。誰か英語が話せる人を連れて来い!」みたいなことを言う人や、妻の知人はボストンで唾をパブで吐かれたことがあったそうです。ボストンの件は、反日感情が高まっている時だったらしいですが...

もちろんアメリカでも親切な方はたくさんいました(特に大学の教授)。でも今のところですが、オーストラリアの方が、親切な気がします。特にMedicare,RTA,銀行などの方々は本当に親切でした。事務的でなく愛嬌もあり、これら手続きも結構楽しくしています。

まだ来てから日が経っていないので、まだ人種差別的なことには出会ってません。
ただ私は鈍感なので、あっても気づかないかもしれませんが(笑)。

何度か歩道を歩いていると、若い白人が乗った車が私たちの前でクラクションを鳴らしてます。多分私たちに対してだと思うのですが...(周りには誰もいないので)。これって何か意味あるのかな?
[PR]
# by kuma_buffalo | 2005-11-04 15:07 | 移住直後の生活

ブッシュウォークへ

先日初めてブッシュウォークに行って来ました。Hornsby駅近くから入っていくGreat North Walkです。軽いお散歩と考え行って来ましたが、最後の方は道に迷い、どちらの方に行くかで軽い夫婦喧嘩になってしまいました。Road Mapに出ている情報では全く参考になりませんでした...

ブッシュに入ってから出てくるまで4時間弱でしたが、出会ったのはトカゲと鳥だけで、他の人には会えなかったです。平日だったからでしょうか、それともこのコースはあまり人気がないのか分かりませんが、まるで自分たちだけの森でした。気温は高く(29度)、日差しも強かったので、すごい汗をかきましたし、日焼けもしましたが、とても気持ちよかったです。家から歩く距離でこんなにすばらしい散歩道(オージー的には散歩道が日本的には立派な登山道)があるとは…、オーストラリアにいるんだなって感じがしました。シドニー近辺でこんなに自然が近く感じることは、車でちょっと遠出するともっと凄いでしょうね。早くオーストラリアの大自然を満喫したいです。そのうちメルボルン、パース、ブリスベンなどまでも車で行ってみたいですね。

今回は安易な考えで水もあまり持って行ってなく、町に出て早速コンビにでコーラを買って飲みました。1.25Lが3ドルもしました。高い!でもこれがこの日のすべての費用でした。
この日の教訓は、しっかりしたブシュウォークのマップやガイドブックを持つ、水は余分に持って行く、帽子と日焼け止めは必須…
[PR]
# by kuma_buffalo | 2005-11-04 14:33 | 移住直後の生活

NSW 運転免許書取得

最近インターネットがつながらず、久しぶりに更新します。

今年からNSW州では、日本の運転免許証から書き換えする時、筆記試験も免除されるようになりました。実記試験はともかく筆記試験もなしで、外国の運転免許証に書き換えできるなんて、得した気分でした。アメリカに住んだ時は、日本の免許証は認められず初心者扱いで筆記も実記試験もパスしなくてはなりませんでした。

家から歩いて20分ぐらいにあるRTAに行って、30分程度ですべての手続きを済まし、その場で新しい免許証をもらえました。視力検査と写真撮影も申請書を出した窓口でやりました。日本では、申請書受付、視力検査、写真撮影、交付などがすべて別の窓口で行うので、この簡単さには感心しました。係員のおばさんはとても優しい方で有用な情報も教えってくれたし、写真を撮る時は“スマイル”と言って思わず笑ってしまいました。運転免許証の写真がスマイル顔なんて…。

NSW運転免許証に書き換えに必要なもの
- Licence application form
- application fee $98 (3年有効)
- 日本の運転免許証
- 日本の運転免許証のオフィシャル翻訳
- Residential addressが証明できるもの:名前と住所が載ってる文書(bank statement,leasing contract,utility billなど)
 
電力会社の請求書(夫の名前のみで契約)では、妻の住所証明にはならないといわれました。結婚していても駄目とのことです。
申請者の名前が記載されたものでないと受け付けないとのことでした。
[PR]
# by kuma_buffalo | 2005-11-04 14:32 | 移住直後の生活
今日のテレビは朝からメルボルンカップ関連の話ばかりです。単なるお馬さんレースと思っていたのですが...

VICは今日祝日と聞いたのですが、本当ですか?

ファッションやPicnic Lunchなどの紹介もされてます。競馬場にはドレスコードなどがあるのかな?おしゃれな服と豪華なランチを持って、競馬場へ行く。競馬とファッション...何か日本の雰囲気とは違うのですね。日本ではWinsでしたっけ、場外競馬場の周りに土日に行くと、なんともいえない雰囲気の人がいますが、こっちではもっと高級な娯楽なのでしょう。

チャンネル7では、朝から夕方まで中継しそうです。

国民的行事なのでしょうか?

どなたか良くご存知の方は教えてください。
[PR]
# by kuma_buffalo | 2005-11-01 07:44 | 移住直後の生活

Medicare Enrolment

今日、Medicareに登録してきました。
着いた次の日、早速登録に行きましたが、入国後2週間(10 business days)待たないとデータがこないと言われました。今日が丁度入国後2週間なので近所のHonsby shopping centerにあるMedicare officeに行って無事に登録を済ましました。今日は仮のカード(Receiptみたいなもの)をもらい、カードは2~3週間後に自宅に郵送されるそうです。この仮のカードでも病院で使えます。別に今すぐ病院行く必要はないですが、やはり登録できてほっとしました。

Medicare Enrolmentに必要なもの
- Medicare Enrolment form:家族で一つのapplication、夫をメインにして私は家族として申請しました。カードはそれぞれ分が発行されるそうです。
- パスポート 
- residence addressの証明:名前と住所が載ってる銀行からの手紙や光熱費の請求書など、いずれか二つ。
[PR]
# by kuma_buffalo | 2005-10-31 14:44 | 移住直後の生活

アパートの住人

私たちの住んでいるアパートは、最近開発された約十棟程度のアパートから構成されるComplexの中の1棟です。販売用とリース用の両方のタイプがあるみたいです。

やはり日本とは違い、色々な人種の方が住んでます。管理人夫妻はNZから来られたそうです。今一番気になっているのは、9階に住んでいるたぶんインド人の方です。

きれいな女性でいつも子供を連れているのですが、いつもショッピングカートを押してます。一度エレベーターの扉が開くと、その女性と子供とカートがいました。エレベーターに乗り込み、一緒にGround Floorで降りました。その後、その方はカートを押しながら、ショッピングセンターの方に向かって行きました...家にカートを置いていたのか?

ある日はアパートの前にカートがあり、警備員の方がどこかに持っていってました。

今日はカートをアパートの玄関前に駐車しているのを見ました。今日は家の中に駐車しないようです。

謎です...
[PR]
# by kuma_buffalo | 2005-10-31 13:55 | 移住直後の生活

いざWestFieldへ

うちから徒歩数分にWestfieldがあります。ColesからK-Mart,中華食材屋、電気屋、ほぼ日常必要なものはこのモールで揃います。今日は家電を買いに出かけました。

1回目 (トローリーを持っていく)

1回目は、以前から目を付けていた冷蔵庫と洗濯機です。冷蔵庫はSamsung 210Lのやつで、$500で、洗濯機がNEC 4.5kgの$400のものです。NECが洗濯機を売っているとは驚きでした。店員に本当に日本のNECか確認してしまいました。「韓国製だけど、日本のメーカーだよ」と笑いながら答えてました。購入しましたが、「なぜNECが?」と悩んでいます。洗濯機は午後に他の店から入荷するとのことなので、冷蔵庫だけトローリーで持ち帰りました。

2回目 (トローリーなし)

食材と掃除機を購入するために向かいました。雑貨屋?(皿から家電、かわいくない西洋人形、家具等、なんでも売っている変な店)に$89でBaglessタイプのやつが売っていたので購入した。家に戻り組み立てると、ホースと本体がどうやっても繋がりませんでした。あわててマニュアルを読むと、1部品が欠けてました。電話するとやはり、「全部持ってきて」でした。

3回目 (トローリーなし)

掃除機交換のため向かいました。今度は店で箱を開け、すべての部品を確認しました。今度は大丈夫でした。

4回目 (トローリーを持っていく)

1回目のお店から洗濯機が届き次第電話がくるはずでしたが、電話が来ないのでこちらから電話してみる。電話したら「もう来ているとの事」との返事。話を聞くと、間違った電話番号が書かれてました。どっちのミスなのだろうか?洗濯機を持ち帰り、すべての部品を確認、そろってました(安心)。

掃除機には参りましたが、一応一通り家電も揃いました。日本より選択肢がなく、値段も高い気がしますが、これで手洗いから開放されうれしいです。テレビはTEAC $199で、以前購入しました。なんか日本では使ったことのないメーカーだらけです。それなりに動作し故障さえしなければ、どのメーカーでもいいのですが...

でもなんで「NECが?」
[PR]
# by kuma_buffalo | 2005-10-29 16:34 | 移住直後の生活